2014年08月24日

高専は大学合格の裏口か?!

皆さん、こんにちは。

先日、親戚の法事があり県外の遠い親戚と

お話しする機会がありました。

その中で、某県の高専(高等専門学校)で

勤務している方から聞いた話が面白かったので

ちょっと紹介します。


その、遠い親戚の方によると、

大学受験でより難関国立大学に入学したいなら

高専からの大学編入がおススメだというのです。

その理由としては、

1)センター試験を受けなくても良い

2)何校受験しても良い

というのが大きな理由だそうです。


・・・確かに、編入の場合はセンター試験は

できないですね。入試の時期も7月から

始まるようですし・・・。

しかも、大学編入試験の受験科目は

数学・英語・化学・物理など・・・・

つまり、高専で習った専門科目だけで

構成されるようです。

国語が苦手な長男くんにピッタリですね!




そして・・・ 2)何校も受験できる!

と言うのは、ホントに初耳でした。

通常、高校からの大学受験は、

前期・後期という感じで、最大2校ですが

(最近は後期日程を行う大学が少ないが・・・)

高専からの編入では、受験校の数に

限度がないのです。たいていは3〜5校受験する

そうですが、万が一すべての大学に不合格でも

また受験できるそうです。

その結果、今では高専卒業後に就職するよりも

大学に編入する生徒の方が多いようです。


そして、もし大学編入できなかったら・・・

「就職すればよい。大学と違って就職率は

ほぼ100%だからね!」と、最後まで

高専のメリットを語ってくれました。

確かに国立高等専門学校機構によると、

大学からの就職率 91.8%に比べ、

な、なんと 高専は99.5%!

しかも驚くべきは、求人倍率が約25倍!

学生1人に対し、25社からプロポーズされる、

というコトです♪

(バブル時代が懐かしいですね・・・)


ちなみに、大学生の求人倍率は

2倍にも満たないんですよー。




ちなみにその親戚の息子さんも、高専に入学し、

卒業後は就職されたそうです。




皆さんのお子さんも、高専への進学も

ちょっと考えてみてはいかがでしょうか?

意外と穴場かもしれませんよ!



にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
今回の記事がお役に立ちましたら
ランキングに投票 お願いします。







★★今回の記事が参考になった方は「いいね!」をポチッとお願いします!★★
posted by 親子@難関大学・医学部合格を目指す at 12:00 | Comment(0) | 大学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。