2014年07月04日

予習型の塾のもうひとつのメリットとは?

皆さん、こんにちは。


先日は「塾はなぜ予習型が多いのか?」

について書きましたが、

今日は予習型のメリットを

もうひとつ。

それはテスト対策をする際、

非常に有利になる

ということです。


中間テスト期末テストでは、

学年でテスト範囲が

決められていますが

担当の先生によっては、

授業の進度が遅くて、テスト前日に

ギリギリ間に合ったりして

授業だけではなかなか理解できない

なんてことも起こりうるのです。

(先生によってアタリ/ハズレが

あるようですが・・・)



しかし、先取り学習型の

勉強していれば、余裕をもって

理解することができます。


一般的には復習する回数が多いほど

定着率が良くなるので、

テスト前日に初めて習った内容が

出題された場合に比べると

結果は雲泥の差となって

表れるでしょう。


学校では、残念ながら

先生を選べません。

もし、ハズレを引いたら、

一年間がもったいないことに

なりますので、の検討も

視野に入れつつ対策しないといけませんね。




ツイッターでもつぶやいています。
こちらからフォローをお願いします!


★★今回の記事が参考になった方は「いいね!」をポチッとお願いします!★★
posted by 親子@難関大学・医学部合格を目指す at 12:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。