2014年06月03日

塾の個人懇談が・・・なかなか有用なお話でした! その3

皆さん、こんにちは。


昨日の「の個人懇談が・・・

なかなか有用なお話でした!」


続きになります。


の担任に勧められた「書写」とは、

「新聞の社説や天声人語などを

丁寧にノートに書き写す」ことで、

それだけで国語の能力が上がる

のだそうです。


え?それだけで??

というのが親子揃っての率直な感想。


全く信じられませんが、とりあえず

渋々、始めることにしました。


新聞によって異なりますが

朝日新聞なら天声人語、

読売新聞なら編集手帳、

毎日新聞なら余録・・・と

購読している新聞でよいので、

朝刊の記事を切り抜いて

丁寧に書き写すだけでいいんだそうです。


書店に行けば専用のノートもあるとのこと

ですので、それなりに多くの方が行っている

国語の勉強法かもしれませんね。



早速、面談の帰り道、大型書店に立ち寄り、

専用ノートを購入しました。

うちは地方新聞なので、それに合った大きさの

切り抜きが貼り付けられる

これ↓にしました。




こういうのは普通のノートでも

代用できますが、ここは長男くんの

やる気を出すため

専用ノートを即購入。



早速 明日から書写スタートしまーす!





にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
今回の記事がお役に立ちましたら
ランキングに投票 お願いします。




★★今回の記事が参考になった方は「いいね!」をポチッとお願いします!★★
posted by 親子@難関大学・医学部合格を目指す at 12:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。